夏越の大祓神事のご案内

午後19時より、境内にて夏越の大祓神事を執り行います。
大祓とは、6月と12月の末日に行われる神事で、
知らず知らずのうちに犯した罪や穢れを祓い清め、
清々しくまた次の半年をお迎えして頂く行事です。

宮司が大祓詞奏上し、参列者は切り麻にて自祓いをします。
その後神職・総代・氏子崇敬者と列になって「茅の輪」をくぐり、
半年間の罪・穢れを祓います。

30日の夕方までに、
当社にてお渡ししている「形代」にご氏名・年齢を書き、息をふきかけてから身体を拭ってお持ちください。